山本直人(Oboe)

1985年武蔵野音楽大学を首席で卒業。同大学卒業演奏会、第55回読売新人演奏会等に出演。陶山勝、吉成行蔵、北島章、インゴ・ゴリツキの各氏に師事。
1986年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。1988年「CBCサロンコンサート」にてソロリサイタルを開催。1999年「山本直人と仲間たち」と題した現代音楽のリサイタルを開催。2000年「ザ・コンサートホール・アンコール2000」にてソロリサイタルを開催。2002年NHK-FM「名曲リサイタル」に出演。また、2004年に開催したソロリサイタルに於いて、名古屋市民芸術祭2004審査員特別賞を受賞。2010年ソロリサイタルを開催。
これまでに、名フィル、広島交響楽団、名古屋パストラーレ合奏団、ザ・ストリングス名古屋とモーツァルト、チマローザ、マルチェロ、アルビノーニ、バッハ、尹伊桑の協奏曲を共演。また、「名古屋ヴィルトゥオーゼン」「ひとはな四重奏団」「トリオdeブランチ」等の主要メンバーとして室内楽活動も盛んに行う傍ら、名古屋音楽大学、大垣女子短期大学音楽総合科及び明和高等学校音楽科非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

宮澤香(Oboe)

愛知県立芸術大学卒業、同大学院修了。
故ローター・コッホ氏(元ベルリンフィル首席奏者)の招きによりオーストリア・ザルツブルグへ渡りモーツァルテウム音楽院にて同氏に師事。第1ディプロムを取得。
第4回若手奏者のためのコンペティション・デュオ・室内楽部門第3位(室内楽最高位)。第3回小牧市交響楽団(現中部フィル)定期演奏会にて秋山和慶氏指揮の下、ソリストを務めた。
オーボエをコッホ氏の他、小畑善昭、吉良裕憲、K・グリーンバンクの各氏に、室内楽および音楽全般を菅原眸、中川良平、村田四郎、山本佳弘の各氏に師事。中部フィルハーモニー交響楽団団員、アンサンブル・カラヴィンカメンバー。

小木曽栄里子(Oboe)

名古屋音楽大学卒業。オーボエを小川和代、岡本泰氏、イブ・プセル、モーリス・ブルグの各氏に師事。
フランス国立ブローニュ地方音楽院に留学。同音楽院を満場一致のプルミエプリ(一等賞)で卒業。ジュネーブ高等音楽院をプルミエプリで卒業。パリ国際U.F.A.M.コンクール、プルミエプリ。
現在、名古屋二期会オペラ管弦楽団、オーボエ・ヴァイオリン・ピアノのトリオ「LesPetitoises(レ・プティトワーズ)」で活動中。
ホームページ・ブログ他のサイトへ

須田聡子(Oboe)

愛知県立芸術大学音楽学部卒業、東京音楽大学研究科修了。
新進音楽家演奏会「第6回コンセール・マロニエ21」木管部門において入選。オーボエを和久井仁、小畑善昭、宮本文昭の各氏に、室内楽を菅原眸、中川良平、村田四郎、霧生吉秀の各氏に師事。現在、愛知室内オーケストラメンバー。

石田正(Oboe d'amore&English horn)

名古屋芸術大学音楽学部器楽科卒業。
山本直人、諸岡研史の両氏に師事。これまでにカンタータクラブドイツ公演(シュトゥットガルト他)、アルテ室内管弦楽団、一宮シティ室内管弦楽団、カメラタ・アグアヨと、J.S.バッハの二重協奏曲、アルビノーニ、テレマンの各協奏曲をそれぞれ共演。
また名古屋ウィンドシンフォニー、武義高校、斐太高校、一宮市消防音楽隊、きそがわPOPS BANDと「バンドとオーボエのためのスマイル」を、「秋のひとりごと」をウィンドアンサンブル岐阜とそれぞれ共演。また、かすがい文化財団主催「楽器の匠たち」で音楽ワークショップの講師として招かれ、独創的な体験プログラムが高い評価を得た。
2008年アフィニス夏の音楽祭参加。現在、名古屋ウィンドシンフォニー、吟遊詞人の各メンバー。一宮市消防音楽隊嘱託オーボエ奏者。岐阜ドルチェ管弦楽団指揮者。

須内祐子(English horn)

愛知県立芸術大学音楽学部卒業。柴滋、小畑善昭の両氏に師事。

小室真美(English horn)

愛知県立芸術大学音楽学部卒業、同大学院修了。
オーボエを小畑善昭、故岩崎勇、渡辺潤也の各氏に師事。2002年ザルツブルク、モーツァルテウム夏期講習会にてインゴ・ゴリツキ氏のマスタークラスを、2008年上石津オーボエミュージックキャンプにてフランチェスコ・ディ・ローザ氏のクラスを受講。
現在、東海地方を中心にフリー奏者として活動中。名古屋二期会オペラ管弦楽団、アンサンブル21のメンバー。

桑原真知子(Bassoon)

岐阜大学卒業。愛知県立芸術大学音楽学部卒業。
大垣市新人招待演奏会に出演。在学中、国際フェスティバル美濃白川音楽アカデミーの奨学生として'96年よりイタリアのマベリーニ音楽院に留学。同年、フィレンツェにてM・ウェルバのマスタークラスを受講。アンサンブル・ヴァリオ、アンサンブル・カラヴィンカ、名古屋二期会オペラ管弦楽団のメンバー。
これまでファゴットを青谷良明、菅原眸、中川良平、マウリッツィオ・フェディーの各氏に師事。室内楽を中川良平、菅原眸、村田四郎の各氏に師事。

野村和代(Bassoon)

愛知県立芸術大学音楽学部管打楽器卒業。同大学院修了。
第4回日本アンサンブルコンクール池田賞受賞。第26回中部読売新人演奏会出演。第143回日本演奏家連盟新人演奏会にて名古屋フィルハーモニーとウェーバーのコンチェルトを共演。中日賞受賞。
2009、2010年IDRS(国際ダブルリードカンファレンス)に、蓼科バスーンカルテット+1として参加、リサイタルを行う。
これまでにファゴットを青谷良明、菅原眸、中川良平の各氏に師事。現在、アンサンブルブーケ、蓼科バスーンカルテット+1、愛知室内オーケストラメンバー。フリーランスのファゴット奏者として活動中。

冨士川健(Contra-Bassoon)

1998年名古屋芸術大学卒業。
バスーンを一戸哲、伊藤武の両氏に師事。同大学研究生修了。現在フリー奏者として活動中。
アンサンブル21、名古屋ウィンドシンフォニーのメンバー。

名古屋ダブルリードアンサンブルのブログへはこちら

名古屋フィルハーモニー交響楽団・オフィシャルサイトへはこちら